So-net無料ブログ作成
ジャンル開拓記 ブログトップ

キメセクモノを見てみた。 [ジャンル開拓記]

まぁ、ゲームやってみた方がよくはあるんでしょうけど
正直、そこまでする気が湧かないので
サブの売春要素に惹かれて手に取ったCG集が
メインはキメセクモノだったので、もうそれで済ませておこうかなと。

結論から言うと、ファンタジー系のマジックアイテムでもない限り
クスリを使うということは、精神的・身体的な破壊がどうしても伴うものですから
管理人はその点で好きにはなれないなと。
尤も、精神を壊すについては
完全否定するほどではない(してたらエロゲとかできませんし?)ですけど
調教モノとかでよくある「精神を壊して色情狂に」みたいなのは
やり方に係らず安易と思うぐらいですから、合う訳がなかったですね。
ただ破滅の演出としては、有無を言わさぬ説得力があることと
結末にバリエーションがない&期待されてないと思われるので
期待したのと違うものを引きにくいのは、いいかもしれません。


用法用量を守って、正しく(以下略)。
タグ:キメセク

催眠モノをやってみた。 [ジャンル開拓記]

管理人恒例、やるべき作品を間違える。

というわけで、常識まで完全に変換されてしまうタイプをやってみましたが
管理人の好みをいうなら、このタイプの方が設定とかは好きなんですけど
催眠モノの醍醐味というなら、やっぱり
「そんなことしたいわけないのに、体勝手に!!」と言うタイプなんでしょうか?
まぁ、常識まで完全に変換されてしまうタイプは
最初から常識が違う世界を舞台にした作品と、大して違わないですからねえ……。
常識がおかしくなる前を、主人公が知ってるかどうかぐらいでしょうか。
あとはまぁ、最初から常識がおかしい世界だと
その常識が素晴らしいことを理解できないと思われるので
催眠での変換ならそれが理解できるというぐらいでしょうか?
やっぱ、ネタとしてはもちろんありだけど
催眠モノの醍醐味ではない気がしますね。


余裕があれば、そっち系もまたやってみましょうかね?
タグ:催眠

機械姦ものをやってみた。 [ジャンル開拓記]

というわけで、久しぶりにジャンル開拓記を。
まぁ、これも調教系とかに1シーンあるとかなら、全く問題ないのですが
全編それだとどうなのよ? ということでやってみました。

結論から言うと、かなり好きですねこれは。
まぁ、ちょっと機械使って全力でやっちゃうと
機械でしか満足できない躰にされてしまうあたりに
なんとなーく、もったいないなーって気はしないでもないですけどね。
とはいえ、機械じゃなくても大丈夫なレベルにとどめておくなら
特化作品をやる意味がないってもんですし
そこは、目を瞑らないと仕方ないところでしょうかね。
しかし、よくよく考えてみると、触手微妙で機械は好きってのも
なんかよくわからない気もしますね……。
もちろん、画的には大きな違いがあるのは当たり前ですけど
やってることは、意思の介在しない無慈悲な責めって意味で同じですしね。
まぁ、触手差し向けたやつとか機械のスイッチ入れたやつとかはいるわけですけど
目の前に人がいる場合と違って、なにかしらの手段で止めることはほぼ不可能と言う点は
少なくとも共通してるわけですからね。となるとやっぱりヴィジュアルの差か。


どーしても拘束の仕方によっては、腕がぽろっともげそうとか思っちゃう。
タグ:機械姦

触手モノをやってみた。 [ジャンル開拓記]

というわけで、触手モノをやってみました。
「態々触手なんて意思の介在しないものつかわなくてもよくね?」とは思ってたんですが
まぁジャンルとして確立してるし、やれば良さが分かるのかも? と思ってやってみました。
……ホントは、ゲーム部分がおもしろそうだっただけ。
いや、管理人もファンタジー系なんかの作品でいくつかあるぐらいは別にいいんですよ?
とはいえ、一本丸々触手のシーンとなると面白いのかなー? と思うわけです。

で、やってみた結果
……自分の意思で操れるなら便利な腕なのかな?
やっぱ、ただひたすらにウネウネしてるやつに凌辱させることの
何がいいのかわからなかったです。
ぐらいですかねえ……。
まぁ、ひたすらウネウネ凌辱する触手はあまりなく
感想の通り主人公の意思で操るタイプだったので
ちょっと違う(もしくは温い?)かなと思わなくもないのですが。

というわけで、残念ながらゲーム部分が面白そうでない限り
これからも触手モノをやることはないと思いますが
まぁ、ありとあらゆるジャンルに合うわけでもないでしょうから
今回は御縁がなかったということですな。


巫女さんと触手の組み合わせが多すぎるのがつらいところ。
タグ:触手

TSモノをやってみた。 [ジャンル開拓記]

所謂、性転換ものはTSで間違ってないですよね?
気になってはいたのでやってみました。

男らしいことが誇りみたいな主人公が、いつの間にか女の子の思考になっていき
最後には、快楽に囚われて戻る気を失くしてしまうことが多いのかな?
管理人は、今を引き継いで生まれ変わるなら
性別は変わりたいと思う人間なので、このジャンルは結構好きですね。
まぁただ、女になって現れた主人公と付き合う親友の気持ちは分からんけどね!!

今回やってみた作品にはなかったんですけど
純愛ルートも欲しいジャンルだなーと思いました。
まぁ、抜きゲの方に多いジャンル? だとは思いますけど
普通の幸せを求めるルートがあってもいいんじゃないかなーと思います。
快楽におぼれるのも、幸せの形の違いだけとも言えるわけですし。


館モノや娼館モノと組み合わせたよーなのないかしら。
タグ:TS

実践性教育ものをやってみた。 [ジャンル開拓記]

学校の授業で実践までやるという設定を持ったジャンルで
実は今、管理人が一番期待してるジャンルです。

当然ですが、現実で実践までやるというのはあり得ないことなわけで
その状況を描写すれば、笑ってしまうわけですが
それを大真面目にやることが、面白いんですよね。
まぁ、かなり難しいと思います、バカゲーはバカゲーに分類されるんでしょうけど
バカゲーのように振る舞ったら、面白さ半減ですからね。
性奴隷育成学校パターンから、痛めつける意図を省いたともいえるかもしれませんが
これだけの変化は想定してなかったかなー。
ただ、この形式はどうしても、本番が後半になりがちで
前半には、ひたすら焦らされる展開が続く上、あくまで学校の性教育として行う以上
あまりアブノーマルなプレイをするわけにもいかず
解説的な部分も多くしないと、リアリティがなくなってしまうため
序盤が焦らされまくり+テンポもあまりよくないのが難点。
この点の解決ができれば、すごく面白いジャンルと思うんですがねえ。

最終的には、性の快楽におぼれていくパターンが多いですけど
そこに愛がないという状況が、管理人の好きな娼館ものと通じる部分はあるかもしれない。
まぁ、そこは作品によりけりかもしれないけども。


これ、オリジナル同人CG集とかには結構あるんですよね。
ゲームもこれから増えてくるといいなあ。
タグ:実践性教育

痴漢モノをやってみた。 [ジャンル開拓記]

なんでしょうか、つっこむのは野暮ってことでいいんでしょうか。
そんな、エロゲーなんぞにリアリティ、それも犯罪系ですからねえ
求めるのはどうかと思いますし、もしリアリティを追求した日には
恐ろしく、地味なものが出来上がるのは目に見えているので
荒唐無稽なのは当然とは思いますけどね。
でもそれなら、痴漢モノでなくてもいいような気もするんですよねえ。
管理人個人としては、絵柄が好きとかでプレイするのは悪くはないですけど
痴漢モノだからプレイする、というのは分かんないかもしれません。

あとはまぁ、周囲に気付かれないように押し殺しつつスリルを楽しむ
というよりは、視姦されるシチュエーションの方が
管理人は好きなので、いまいちかなーというのもあったり。


まぁ、全力で好みの問題なので
何本かやって、もっと好みに合うやつにあたることを祈ってみる?
タグ:痴漢

女性視点ものをやってみた。 [ジャンル開拓記]

といっても、この系統をやってみたのは4年ほど前なのですがね。
結論から言うと、管理人はこのジャンル好きです。
管理人が、エロゲを選ぶときには絵が趣味に合うかを見るのは、まぁ当然ですが
次に重要だと思っているのが『悲哀』、泣きゲは『淡さ』を重要視しますけどね。
その意味するところはまた、別の機会にでも。
もちろん、何でといわれると趣味嗜好としか言いようがないんですが
男視点だと、ほとんどの場合は征服感とかそういう方向を重視した心理描写をしますからね。
もちろん伝わらないわけではないにせよ、そこがメインではないですわな。
ということで、そこをメインに据えられる女性視点は嗜好にあってるということです。

とはいえ、普通の陵辱ものでもいい中でわざわざこの系統を選ぶ程か?
ということは当然あるわけですが、そこらへんは難しいですね。
とりあえず、ゲームのヒロイン相手といえども独占したいという人
征服感とかその辺を重視する人、そもそも心理描写とかいらんという人は
わざわざ選ぶ必要はないと思いますよー。
まぁ、割と人を選ぶジャンルではあるかなと思います。


うーむ、管理人の嗜好にあってるジャンルということで
ほめるところ見つけるのって難しいですね。
タグ:女性視点

寝取られモノをやってみた。 [ジャンル開拓記]

エロゲーには、ジャンルがかなりいろいろ細かくあるわけですが
その中でも、ある意味最強と思われる『寝取られ』モノをやってみました。
まぁ、やった作品についてはまた次回にでもレヴューしますが
ジャンルについて、今回は語ってみようかと思います。

厳密にはどうなのかわかりませんが
要は、主人公以外にヒロインが手篭めにされちゃえばいいのかな。
それには、淫乱ビッチ化とかラストで主人公を罵倒とかがつきものといった感じでしょうか。
大きく分けて、主人公が抵抗できないままに寝取られるパターンと
抵抗できるできないは別にして、寝取られているのをみて興奮しちゃうというパターンみたいですね。
管理人がやってみたのは前者のパターンです。

大切な人が寝取られるということを書くわけですから
人を選ぶのはわかるわけですが、やってみて正直大したことないなというのが感想。
主人公の行動が感情移入しづらいんですよどうにも。
まぁ、寝取られているのを見て興奮しちゃう主人公って言うのはですよ。
プレイヤーのほうもそういうのが好きって人を狙い撃ちしてるわけですからね
プレイヤー側が文句を言う筋合いはないなと思うんですけど
管理人は、寝取られているんじゃないかというのに気づいているにもかかわらず
何の行動も起こさないで、頭を抱えているのみという主人公には
寝取られても仕方なくねーかなー、という感情のほうが先にたってしまうようです。
まぁそりゃあ、警察とかに介入させちゃうと
寝取った側を強姦罪とかで、逮捕しちゃえばいいんじゃないの? という話ですからねえ。
話の都合上、そういうわけには行かないので、仕方ないのかなあ。
それでも、なにかしら出来ることはあるはずなので
やっぱり、感情移入できないかなあ。

あと、大半のイベントに当然ですが主人公が介入できないわけで
そうなると別の視点が必要になってきます。まぁ、寝取るキャラかヒロインですわな。
しかしやってみて、寝取り側の視点のシナリオがあると
同じシーンを違う視点でということになり、かなり水増し感があって微妙。
かといって、寝取られている間のイベントをヒロインの視点で描くとなると
それはそれで、寝取られモノと言うよりは、転落ヒロインものといったほうがいいわけで
だからこそ、ずっと主人公の視点にできる後者のパターンが重宝されるのかなあ。


まぁ、今回は寝取り側の視点ありのやつだったので、かなりぬるかった印象。
徹頭徹尾寝取られる視点で、さらに必死に抵抗してそれでもダメだったとか
そんなんじゃないと、大ダメージはないかなーと思った。
でもこれって、寝取られは別に大丈夫ではあるけど、それがいいってわけじゃないよね。
寝取られたあげく、ヒロインに罵倒されて精神的大ダメージだけどそれがいいって人向けなわけで
やってみてつくづく対象範囲が狭いジャンルだと思いました。
でも、そのわりに寝取られものって多いよねえ……。
タグ:寝取られ
ジャンル開拓記 ブログトップ