So-net無料ブログ作成

レヴュー(17) 女将と仲居に中出ししまくり! 肉接待宿に堕ちた温泉旅館 [レヴュー]

今回は下記のレヴューをお送りします。
『女将と仲居に中出ししまくり! 肉接待宿に堕ちた温泉旅館
               ~私たちの肉体で誠心誠意おもてなしします~』

客足が遠のき、もう閉めるしかないとなったときとある富豪が融資の話を持ちかける。
ただし、その条件は旅館の女性たちの体を差し出すことだった。
まず、とりあえず。タイトル長げえよ!!
タイトルというものはですよ、まず第一に目に触れるものであって
そこには、内容やらなんやらを短い中にもしっかり込めねばならんのです。
そりゃー、こんだけ長けりゃ内容はほぼ入ってますけどね
こんなん、センスもなにもないわという話ですよね。一行に収まらないし。
まぁ、タイトルの話はとりあえず置いておきまして、シナリオの話。
といってもなんだろう、これもそんなどうと言うこともないテンプレートですかね。
前半は融資を持ちかけた男が、好き勝手やり
後半は男の商売相手を接待する話の二部構成になっております。
内容が内容なので、頭が悪くないのは仕方ないとは思いますが
前半、後半の違い以外は変化に乏しいのが問題ですかね……。
そして、とってつけたような要素が多いのも難点。
女将と仲居Bには旦那や恋人がいるので、寝取り要素もちょっとあるんですが
女将のほうは必須かもしれませんが、仲居Bのほうはいるかなあと思いました。
旦那のほうはちょいちょい話に出てきますけど、こっちは最初に犯すときだけだしなあ。
それともうひとつ、後半の話に備えて稽古をつけるという展開があるのですが
これもシーンにしてたった一回、それもフェラだけで本番なしですからねえ。
調教するぞーみたいな、余計なことを言う必要はなかったと思いますなあ。

まぁ、廉価ソフトの一本道ですからね、システムどうこうの問題は特にないでしょう。
一気にやってしまえば済む話ですからね。
他の問題も特にはないでしょう。その辺は安心かと?

しかし、ちょっとは体を売る悲哀があればいいなと思ったんですけどね。
確かに売ってはいるものの、安売りしすぎてうーんだった。
売ればいいというものでもないですよね、やっぱ。
そんな世界でも、誇りというものがですね。
とまぁ、管理人はそーゆーのが残念でした。


とはいえ、見事にタイトルどおりではあるからそーいう意味では、外しはしないかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0