So-net無料ブログ作成

レヴュー(63) 大は小を兼ねない [レヴュー]

レヴューより冒頭ネタ考えてる時間が長い気がするのは流石にまずい気がするので
とっとと行きましょう、本日は『大は小を兼ねない』をば。

ある日、生徒会で活動する主人公・天空橋樹は生徒会長・屏風ヶ浦桜子に告白される。
だが、それを聞いていたらしい汐入あんずが乱入してきて……。
身も蓋もない言い方をすれば、主人公を取り合う二人の女の子に振り回される話ですね。
ちなみに大は桜子、小はあんず。まぁ、なにがかは言わずもがなですかね。
気になるところは、二人との関係について最後まで一切決断しないこと。
二人の個別ルートとハーレムがあり、ハーレムで選択しないのはどっちでもいいですが
個別ルートでさえ、孕ませちゃったから孕ませた方と付き合うというだけで
どっちが好きだからとかそういうんじゃないはどうかなーと思います。
まぁ、後でもう一人のヒロインのルートもプレイはしますけど
そのルートやってる間は、プレイヤーとしてはその子を選んでるわけでね。
なーんかこの先、ひじょーに不安を感じるエンディングではありました。
無駄に決断力ある分、『危険日狙って!?』シリーズ主人公’sの方がなんぼかマシやも?
というか、共通ルート部分の選択肢ですら、桜子から逃げようとしたらあんずに捕まったとか
そんなんばっかりですからねえ……、なんだかなあ。
シーン構成は、こういうキャラクターの一点をもって差別化するタイプの作品にありがちな
二人ともほぼ同じシーン構成というわけではないのですが
それならそれで、大小で分ける必要性もないような気がします。
てか、なんでこのタイトルで主人公はおっぱい星人じゃないんだろうか……。
最後こそ、二人ので挟むというのがありますが、このタイトルどう見ても胸特化っぽいよねえ。

システムは特に問題ないと思います。
クリックでボイス停止のON/OFFなども選択できるので、かなり親切な方。
ただ、スキップが初期設定で既読判定OFFになっているので
そこは注意した方がいいかなと思います。

とりあえず、どちらとも終盤まで正式に付き合っているわけではないので
基本、ヒロインからは苗字で呼ばれるのですが、そういう風にするのであればこの苗字は長い。
随所に出てくる「てんくうばしくん/さん」は正直言って、テンポを悪くしているような気がします。
まぁ、ヒロイン同士お互いを結構呼ぶので、「びょうぶがうらさん」もかなり長いですけどね。
名前に意味があるタイプでもないと思うので、普通でいいと思うなあ。


おっぱいを期待してる人は避けた方が無難かも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0