So-net無料ブログ作成

レヴュー(81) 麗華の館 [レヴュー]

月が替わる週だからと火曜に更新したはずだったのに、すっかり忘れていました……。
そんなわけで、本日は『麗華の館-催眠遊戯への招待状-』を。

いろいろあって、精神的に追い込まれていた主人公・茅野響一は
気分転換を兼ねて、妹と二人でスノボに出かけたのだが
その帰り道突然の吹雪によって遭難しかけてしまい、山間の洋館に助けを求めた。
そこに待つのが、恐ろしい罠だとも知らずに……。
割と珍しい(?)催眠を掛けられるタイプの催眠モノな本作ですが
深層心理に眠る欲望を喚起したりといったもの活かして、高級娼館をやっている形ですので
所謂、一般的な(?)催眠モノの“何でもアリの免罪符”的な催眠を期待していると
ちょっと期待はずれになっちゃうかなと思います。
シナリオで一番の問題は、やっぱ尺でしょうかねえ……。
全体として短いわけじゃないんですが、前半と後半の二部構成で
前半は催眠を掛けられてアレコレされる、後半は逆襲と見かけ上180度方向性が違うので
それぞれが、少々短いかなーとは感じてしまうと思います。
本作は一作目ということなんで、今回は前半のみとかでも良かったのかなと思います。
もちろん、後半パートへの伏線がないわけではないですけど
「自分はドMだから、立場逆転の逆襲パートなんかいらん!!」とかで
後半を見ないと言う選択をしたとしても、気になるところまでは行かない作りかなと思いますし。
管理人個人としては、趣旨から外れるのは承知の上で
館の主たちのお仕事シーンとか、妹が客を取らされるシーンとかで
前半を強化して欲しかったなーと思いますかねえ……。
後半がダメってわけじゃないんだけど、プレイヤー視点だとおそらく大半の人は
「え? これどうみても……」ってなってしまって、ちょっと引いた感じでしか見れないと思います故。
……まぁ、そのおかげで立場逆転なんかいらん派の管理人でも
最後までプレイできたってのはあるんですけどね。

システムは、特別どうこう言うこともないかな?
あとはOP曲がかなり痛いとか
乱交シーンのCG面で少々、どういうまとめ方だよと言いたくなるのがありましたが
まぁ、そのぐらいかなあ?

しかし音響かなんかに、そーゆーのが仕掛けられてるっぽいですが
通しでプレイとかしたら効くもんなんですかね?
管理人には、さっぱり効いた気がしないのでよくわかりませんでしたねえ。


瞳の奥で、解読されない未来を、ただ生きたいだけ……。

麗華の館 ~催眠遊戯への招待状

DMM
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0