So-net無料ブログ作成

レヴュー(89) 絶頂学園/狂育機姦 [レヴュー]

本日は、『絶頂学園/狂育機姦 全自動機械姦強制絶頂AVG』を。

主人公・矢木沢夕子は、両親が入信しているカルト教団が運営する
全寮制の女子校に、半ば無理矢理入学することになるのだが……。
前作と同シリーズの二作目ですが、直接の繋がりはないので、ここからでも問題はありません。
……ありませんが、やるのであれば管理人は前作をお勧めします。
ストーリー的にも、エロ的にも前作の方がいいと思います。
まず、ストーリーの方ですが、カルト教団が運営する学園と言う
大元の部分が、中盤に差し掛かるあたりから死に設定と化している上
序盤も上手く使えているとは言い難いです。
大昔に書きましたが、一人異常な環境に放り込まれる展開にするのなら
周りは、それを異常だとは全く思っていなくて
そのことに主人公が絶望する、という描写を入れた方が効果的だと思います。
なので、椅子に据え付けられたバイブを挿入されて授業を受けさせられると言うシーンは
懲罰として主人公だけという形ではなく、全員やっている方がいいと思うんですよねえ。
まぁ一応、ゲーム開始一つ目と二つ目のシーンは、それが出来てないこともないんですけど
主人公の反応は、「異常だと思っている子たちから蔑まれるのが辛い」というものですから
ちょっと、弱いかなーと言う感じがします。カルトですしね……。
それからもう一つ、死に設定になっている理由として、学園での調教が全体の半分しかなく
そこから先は前作と同じく、どこぞの工場に移行してしまうんですよね……。
出荷と届け先でのシーンは仕方ないとして
それ以外は、やはり全部学園でやるべきだったかと思います。
次にエロの方ですが、序盤のシーンが無難すぎる気はしますが
舞台設定を考えれば、まぁ下手に凄すぎる機械が出てくるよりはいいのかなと思います。
ですが、舞台が工場に移行してからは、逆に機械がイマイチ凄くなく
ちょっと寂しいかなーと思ってしまう感じです。
ただ、粛々と電流流すだけのシーンとかもありますしね……。

システム的には、例によってCGモードという名のシーン観賞で分かりにくいですが
今回は、一本道且つミニゲームもなくなったのはいいですね。
数字当てはともかく、絵合わせはかなり面倒でしたし……。


明らかに、その角度じゃ入らないだろってのがあるのもなあ……。

 絶頂学園/狂育機姦 Ver1.01

DMM
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0